JR一覧

播但線仁豊野駅 交換風景(1988年)

播但線は山陽本線姫路駅から山陰本線和田山駅を結ぶ路線で、もともと全線非電化の路線でしたが1998年3月に姫路-寺前間の29.6kmが電化されました。電化前の仁豊野駅での列車交換風景です。

キハ22 うとう

JR発足後、東北本線の青森地区の区間列車用にキハ22の数両が「うとう」号として改造されました。

181系 特急おき ヘッドマークとサボ

特急おきは現在も運転されている特急列車で、小郡(現:新山口)-米子方面を山口線、山陰本線経由で結んでいます。おそらく1980年代前半の当時は181系気動車で運転されていました。

エーデル丹後

エーデル丹後もキハ65を改造した車両で、大阪から宮津線方面に運転されていました。福知山まで特急北近畿に併結され、その後宮福鉄道経由で運転されました。

特急いそかぜ

山陰本線内を走る特急「いそかぜ」です。「まつかぜ」を系統分割して米子-博多間を結んでいましたが、それでも長距離列車です。

福知山線 電化直後?

福知山線が全面的に電化されたのが1986年です。その直後は、大阪から宝塚が103系、大阪から福知山方面が113系800番台で運転されていました。